株式会社タカヨシ 採用サイト

ENTRY
TOP プロジェクトTOP 「伊彌彦米」ブランディング

地域のお米をブランディング
デザインの力で価値を高めるお手伝い

弥彦村役場農業振興課 様

「伊彌彦米」(いやひこまい)ブランディング

特別栽培米「伊彌彦米」のブランド価値を高め、地域の産業や観光を活性化させる。

課題の整理

新潟市の南西に位置し、越後国一宮「彌彦神社」の本山があることでも知られる弥彦村。村では、収穫した特別栽培米コシヒカリ「伊彌彦米」をブランド米としてアピールし観光を促進し、また「ふるさと納税」の目玉商品にしたいという課題を持っていました。
そこで村では「伊彌彦米」の価値を高めるブランディングコンペの開催を決定。デザインや印刷において実績のある県内企業にロゴマーク・米袋パッケージ・販促ポスターのデザインコンペ参加を依頼し、当社にもその声がかかることになりました。

戦略会議

タカヨシではコンペの際、複数の企画ディレクターが意見交換を行う戦略会議を行います。この案件では担当の営業1名とディレクター4名での会議が開かれました。会議では“既存のブランド米を超えるアピールポイントは何か”が議論の中心となりました。米どころ新潟には、魚沼産コシヒカリを筆頭に、全国トップレベルのブランド米が多数あります。後発の「伊彌彦米」がそれらに勝るポイントを見つけアピールすることが、今回の企画の肝でした。味はおいしく、特別栽培米という製造方法も魅力ですが、それだけでは差別化にならないのです。

コンセプトワーク

ここでメンバーが注目したのが、伊彌彦米だけではなく「弥彦村」そのものの魅力は何か?ということ。前述したとおり、弥彦村の著名スポットといえば越後一宮の「彌彦神社」。この彌彦神社の歴史を紐解くと、そこには驚くべき記述がありました。それは何と~新潟に稲作を広めたのは彌彦の神様である~という一文。神話の時代から伝わる、他のお米にはないストロングポイントが現れたのです。このメッセージをコンセプトにする事に、一同迷いはありませんでした。

基本デザイン考案・制作

決定したコンセプトをデザインに表現するために、まずは企画ディレクターが頭を悩ませます。「稲作の始まりの地というプレミア感を表現するには?」「神話の世界観を伝えるにはどうすれば?」ディレクターは何度もラフスケッチを書き起こします。こうして作ったラフを元に、デザイナーは何と10点以上のロゴマーク案を制作。それらを社内プレゼンで絞り込み、米袋パッケージと販促ポスターへ展開しました。今回は穏やかで情緒的なA案と、シンボリックで力強いB案の2つのデザインを提案することになりました。

追加提案

完成したデザインは自信をもってお客様に提案できるクオリティでしたが、モノだけを作るのではなく、より効果的な「コト」を提案するのがタカヨシ流。そこで伊彌彦米のアピールの手段、つまりプロモーション施策までを提案することになりました。プレゼンまで時間のない中、首都圏のイベントなどで販売スタッフが着用するユニフォームのデザインや、のぼり旗などの各種サイン、またふるさと納税の返礼品として同封するリーフレットのデザインなど、販促に関わるツール一式をきめ細かく制作していきます。

プレゼンテーション

プレゼンに臨むのは、担当営業とディレクター、そしてディレクターの上司の3名。提案の前にはもちろん彌彦神社にお参りし、準備は万端です。プレゼン会場には、弥彦村役場の職員、米の生産農家など10名以上が出席していました。「とことん地元の方を思って制作した、この気持ちが目の前の方に伝わらないようなら、お米を買う消費者に伝わるはずがないー。」ディレクターの熱意が会場に溢れます。「このブランドロゴを中心に様々な販売促進策を展開していきましょう!」。力強く締めくくりプレゼンは幕を閉じました。

コンペ結果

コンペの決定方法は、審査員による投票でまず上位の2作品に絞るというもの。そしてその結果は何と、タカヨシの提出したA案とB案が1位と2位を独占するという快挙でした。最終的に選ばれたのは「シンボリックで力強いB案」。その決め手は「視認性が高くインパクトがあるデザイン」だったから。追加提案した販促ツールも採用になり、当初求められていたロゴマーク・米袋パッケージ・販促ポスターだけでなく、ユニフォームやのぼり旗など多くのツールを制作しました。そして、ふるさと納税の返礼品として「伊彌彦米」は全国各地へと広がっていったのです。

成果・効果

新しいパッケージに包まれた伊彌彦米を含めた2016年の弥彦村のふるさと納税額は、実に前年の約3倍に増加。金額にすると3億円以上の経済効果を生みました。この「伊彌彦米」ブランド、現在はお米だけでなく、アイスクリームなど他の製品にも展開され、ロゴマーク入りの製品はお土産として大変喜ばれています。また何よりうれしいのが、地元の方が伊彌彦米ブランドの製品を普段使いとして購入してくださっていること。地元民にも観光客にも応援されるブランドとなった伊彌彦米から、これからも目が離せません。

採用方針
MISSION STATEMENT

  • 私たちは、企画、クリエイティブ、デザイン、プロモーション、マーケティングの仕事に関心がある方に、職種、仕事内容、業界情報などについて、他では得られない役に立つ情報を提供します。
  • 私たちは、お会いする学生の皆さんのキャリア形成について本音モードで一緒に考え、皆さん自身が将来を決めるためのサポートを行います。
  • 私たちは「能力があり優秀な人」を選ぶのではなく、「長く一緒に働くことで相互に成長できる仲間」を探すために採用活動を行います。

採用への応募